映画好きがレビューする

映画大好きポン太の部屋

大泉洋主演映画「アイアムヒーロー」を鑑賞

映画のチケットをもらったので、久しぶりに映画館に行きました。
ちょうど上映しているラインナップから時間的にも合う「アイアムヒーロー」を選びました。大泉洋が出てるし、コメディっぽい映画だろうと、この映画について何の事前知識もなく入り、映画が始まりました。

 

上映開始からしばらくは、大泉洋がおもしろおかしくダメな男を演じていました。
ところが、急にゾンビ映画と化したのです。何かのウイルスに感染してゾンビ化した人が、次々と普通の人間に噛みついてゾンビが増えていき、街は大パニックになるのです。
これ、どこかで見たことあります。ブラッドピット主演の「ワールド・ウォーZ」。まさに、これでした。
でも、違う点は、ゾンビを殺すシーンがかなりグロテスクでえぐいのです。
目をそらしてしまうほどグロいです。

 

これもどこかで見たことあります。
恋愛部分は女性向けAVを思い出してしまいますが、これは「GANTZ」です。
帰宅後にこの映画の監督を確認したら、やっぱりGANTZの監督でした。
大まかなストーリーはダメ男である大泉洋が銃でゾンビと戦い、有村架純と長澤まさみの両ヒロインを守るという話なのです。でも、中盤から最後までゾンビとのグロいシーンが多いので、鑑賞後はテンションが下がりました。
コメディ映画を観たかったのに。
観る映画の内容の事前チェックは大切です。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ